はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[490]  [494]  [493]  [492]  [489]  [491]  [488]  [486]  [487]  [485]  [484

どうしても譲れない部分

「虫、だいじょうぶなんだねぇ」
先日、久しぶりにランチした友人に、恐る恐るという口調で言われた。口に出すのもはばかられるほど、虫が苦手だそうだ。
「中学時代の愛校作業での草取りだけはねぇ、真面目にやろうといくら頑張ってもできなかった」と、真面目な彼女が告白した。
わたしが『パセリ』と名まで付け、可愛がっていたキアゲハの幼虫の写真を見て、もしかして触れるのかな? と思ったと言う。
「触るのは平気だけど、虫のためにならないから触らない」
と言うわたしの言葉にも、はーっとため息をつく。
「そうじゃないと、田舎暮らしはできないよねぇ」

彼女とは、価値観も感じ方も似通った部分が大きいと思っている。たぶん、彼女もそう思ってくれていると思う。それでも譲れない部分は、当然ある。人って、友達ってそれが面白いんだよなぁと、虫びいきのわたしに感心する彼女と一緒に、その違いを笑いつつ体感した。

よく晴れた昨日、ウッドデッキに洗濯物を干そうと出ると、カマキリが椅子に座っていた。
「ちょっとぉ、そこ、洗濯物置きたいんですけど」
声をかけたが、どうも威嚇している様子。面白いのでケータイで激写した。
ついには、攻撃を仕掛けるべきと判断したのか、ケータイに飛び乗り、わたしの肩まで上っていく。
「虫って、どうして上へ上へと、上って行くんだろう」
と考えつつ、親切にもデッキに下ろしてあげた。
友人が見ていたら、悲鳴を上げるのだろうか。
「ほらほら、カマキリ! よく見ると、可愛いいんだよ」
などと無理強いしようとは、無論思わない。うーん、ちょっとだけ思うかも。

堂々とした風格、感じませんか?
  
それ、威嚇してるの?      「洗濯物干すの手伝ってよ」by右手くん

今朝もウッドデッキに、別のカマキリが。カマキリ達の人気スポット?

拍手

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe