はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71

ゴーヤを数える

きのうと今日で150本ものゴーヤを刻んだ。
ゴーヤ茶を作るためだ。いつも野菜をいただく農家さんに「ゴーヤが取れすぎて困っている」とHelpの電話をもらって刻みに出かけた。
ひんやりとした瑞々しいゴーヤを刻むのは嫌いじゃない。刻むと緑が鮮やかになり綺麗だし、苦みを含んだ匂いをほんのり漂わせるのも好ましい。まあちょっと数が多すぎるってとこに問題はあるんだけどね。
(人差し指に豆ができました)
12~3本ずつ刻んだゴーヤを乾燥機の箱に分けて入れるので数えながら刻んだ。普通に数えていてはおもしろくないので、心の中でイタリア語で数えた。
「ウーノ(1)ドゥーエ(2)トレ(3)」
ん? トレって言えばトレビの泉ってトレビアーンな感じのネーミングだけど、三叉路にある泉って意味なんだよな。後ろを向いて投げたコインが泉に見事入ればふたたびローマを訪れることができるって言い伝えがあって、コイン投げたなぁ。でも清掃中で水が抜かれてたんだけど、ふたたびローマを訪れることはできるんだろーか?
「あれ? 今何本目だっけ?」
すでに3本目でわからなくなるという失態。それでも懲りずにイタリア語で数え続けた。
「クワットロ(4)チンクエ(5)セーイ(6)」
ん? セーイと言えば、ヴェネツィアの空港でセットメニューのファーストフードを注文した時、すべてナンバーで注文できるようになってたから「シックス」って言ったら通じなくて「セーイ」って言いなおしたら「オー、ナンバーシックス!」と返ってきたっけ。おいおいナンバーがつかないとわかんないのかいって笑ったなぁ。
「あれ? 今何本目だっけ?」

今年のゴーヤ茶は、イタリア―ンな味がするかもしれない。楽しみだ。
ゴーヤの種には老化や動脈硬化を予防する抗酸化作用があるそうな

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe