はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742

日に日に大きくなっていく

蛙に「けろ」と名づけるのは、あまりにありきたりだが、インスピレーションで呼んでしまっては後の祭り、もう後戻りはできない。1週間ほど前から、ウッドデッキに住みついているアマガエルに、昨日ようやく命名した。

我が家のウッドデッキは、リビングと繋がっていて、そのまま庭に降りられる。洗濯物も干すし、この季節は、小雨が降っていても、ふらっと出ては庭の花を愛でたりもする。なので、初めて蛙を見かけた時にも、ああ、いるなぁ、ちっちゃいなぁ、と温かい眼差しを向けていた。

4日ほど前だろうか、太陽が照りつけているのに、動かずにいる。だいじょうぶかなぁ、干からびたりしないかなぁと心配になり、薪で影を作ってやった。だがそれが気に入らなかったのか、翌日は1日姿を見せなかった。
「あーあ。追い払ったわけじゃなかったんだよ」後悔、先に立たず。
デッキの階段に、ひとり淋しい気持ちで座り、うなだれた。

だがその翌日、蛙は再び姿を現した。日に日に大きくなり、緑濃く艶も出てきているようだ。餌になる羽虫ならこと欠かないのだろう。いないなと思ってデッキの下を探すと、冷たく湿った影で、まったりしていたりする。こそこそ動いていたりもする。私の顔も、覚えてくれたかもしれない。
それで昨日、とうとう名をつけた。大きくなったと言っても、小さな小さなやつだ。大げさな名より、その小ささに見合った名の方がいい。

「けろ」夕方、つけたばかりの名を呼ぶと、デッキ下に置いてある、コンクリを練る容器のふちにたまった雨水にお尻をつけ、気持ちよさそうにしている。
「蛇には、くれぐれも気をつけてね」
いつ何処へ行ってしまうか判らない存在だが、けろは、わたしのなかでも、日に日に大きくなっていく。

1週間ほど前には、ちっちゃくて模様もはっきりしなかったけど・・・。

昨日の、けろ。薪の上に乗っかって、ちょっと堂々として来た感じ。
写真がアップになっているだけじゃ、ないんですよ。

ウッドデッキの板の幅を見比べれば、あきらかに育っています。

デッキ下、コンクリを練る容器のふちで、喉を震わせていました。
遠い目をして、何処に思いを馳せているのやら。

ウッドデッキの下にもぐれば、晴れた日も、ひんやりしています。

14年前に家族で、トントンカチカチ作ったウッドデッキです。
右下の緑の四角い容器が、コンクリ用。立て掛けてあります。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe