はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551

もちもち銀杏

銀杏を(ぎんなん)を、いただいた。
自分で料理するのは初めて。外でも茶碗蒸しに入っているものか、焼き鳥屋の塩焼きくらいしか、食べたことはない。何にしようかなと、一通り考えた。
佐渡からひと月半遅れで新米が届き、ふたたび新米生活をしているというのもあり、友人のブログで美味しそうな銀杏ご飯を見たこともありで、なんとなく「銀杏ご飯にしよう!」と銀杏を割り始めた。
ところが、上手くいかない。
調べもせず、ラジオペンチで割ると、中身までぐしゃりと割れてしまった。

「銀杏(ぎんなん)と言えば、塩で煎るって相場は決まってるでしょう」
夫が、ネットで調べると、なんと「ひとつまみを、殻付きのまま紙袋に入れ、レンジで2分。パンパン破裂するのを聞きつつ、出来上がったら塩を振るだけ」との超簡単レシピが出て来た。その通りにやってみると、
「おーっ! 美味い」「もちもちして、銀杏じゃないみたい!」
酒が進むこと、この上ない肴が出来上がった。
「食べ過ぎると、よくないよ」夫が、釘を刺す。
わたしがアクの強いものが、大大大好きだと、彼はよく知っている。以前、ふきのとうの天麩羅を食べ過ぎて、瞼が腫れたこともある。そして、読むものもまた、アクが強い文章に魅かれる。
「いやいや、これは。止められない、止まらない」
翌日もキッチンにある銀杏のそばを通り過ぎる度「チンして!」と言われているようで後ろ髪引かれつつ、昨日食べすぎたことだし今夜だけはと我慢した。
灰汁(あく)って何だろう。止められなくなる薬の、入口かもしれない。

銀杏(いちょう)の種なんですよね。整った形ですね。

手加減したんだけどなぁ。真っ二つに。

紙袋から出すと、殻も半分くらいは割れていいました。
ホクホク感はありませんが、もっちもち! 熱々がおススメです。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe