はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[807]  [808]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801]  [800]  [799]  [798

じゃが芋ソムリエになれずとも

いただいたじゃが芋を、着々と食べている。
今年は豊作だったようで、農家さん2軒と、家庭菜園をしているご近所さんからいただいた。農家さんからは男爵を、ご近所さんからは、最近話題の「インカの目覚め」や「シャドークイーン」「ノーザンルビー」など、試しに作ってみたという珍しい種類のものをいただいた。男爵は、ポテトサラダ、肉じゃが、味噌汁など、スタンダードメニューに最適。「インカの目覚め」他は、まずバター焼き。または、ふかしてバターをのせる。
色はそれぞれでも、味はじゃが芋、というところが面白い。もちろん、じゃが芋ソムリエなら、どんな調理法だとしても、目をつぶって食べて、一口で種類が判るのだろうが、わたしは「うん、美味しい!」で完結している。

まあ、そんなもんだろうと考えて、息子が中学生の頃に、宮部みゆき『ステップファザーステップ』(講談社)を薦めた時のことを、思い出した。
「直木賞をとった作家だよ」わたしのひと言に、彼は噛みついてきた。
「何の賞をとったとか、そういうの、興味ないから。本は面白いか、面白くないか、どっちかだよ」思えば、反抗期だったのか。
わたしはもちろん、本のソムリエでもない。ただ、面白い本を、息子に読んでほしかっただけなのだ。それから、彼は宮部みゆきのファンである。その時の彼の真剣な表情が、不意にじゃが芋のなかに見えて、ちょっと嬉しくなった。

いただいたじゃが芋は、どの種類も美味しくて、じゃが芋ソムリエではないわたしは、ただ「うん、美味しい!」と食べるのみである。

一番白いのが、男爵。黄色が、インカの目覚め。赤紫が、ノーザンルビー。
花豆を連想させる黒っぽいのが、シャドークイーンです。

黄色、赤、紫。茹でて切ってみると、はっきり!

炒めて、にぎやか~ ♪ バターと塩胡椒のみですが、simple is the best!

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe