はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [31]  [30

君達アウトドア派だよね?

「殺戮の日々だよ」ぐったりと疲れ、娘に愚痴をこぼした。
「ドンマイ」彼女は軽さを失わないよう注意を払いなぐさめてくれる。
いつものことだが、ゲストを招きバーベキューをすると、ウッドデッキの網戸開けっ放し率が急上昇し、結果たくさんの虫達が「こんばんは!」と喜んで入ってくることになる。「こらこら、招待したのは君達じゃないよ」と言いたいが、言ったところで誰も聞いちゃいない。
その後しばらくの間は、虫さん惨殺の日々をおくることになる。悲しい。殺される虫も悲しいだろうが私も悲しい。「別に殺したいわけじゃないんだよ」と誰彼となく言い訳したい衝動に駆られる。
「わたしはインドア派だけど、君達アウトドア派だよねー。お外に行こうよ、お外に」
できるかぎりは説得し外へ出てもらうが、言ってもわからない虫さんがほとんどで、殺し屋のごとく殺戮を繰り返す日々をおくることになってしまう。
 
しかしその、殺戮の日々もほぼ終息を迎えた。
洗濯を干しにウッドデッキに出た途端、肩に巨大コオロギが乗ってきたりはするが、アウトドア派の彼らは大概説得に応じてくれる。
「君は肩乗りコオロギじゃないよね? あまりに気安いぞ。マナーをわきまえようね」
巨大コオロギも、はいはいとでも言うように素直に飛んでいった。
隣の林のクヌギには、カブトムシやクワガタ、カナブン。そして今年はオオムラサキ大量発生の年なのか国蝶が蛾のようにむらがっている。
それをながめながら、ホッとした気持ちになる。やっぱ虫さんはアウトドア派に限るね。
         国蝶オオムラサキ 隣の林のクヌギを夫は昆虫酒場と呼ぶ

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe