はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[181]  [180]  [178]  [179]  [175]  [177]  [174]  [176]  [173]  [171]  [172

初雪

休日の朝。カーテンを開けると「雪?」娘が嬉しそうな声を出した。
「こんにちは」と挨拶するようにウッドデッキにはうっすらと初雪が積もっている。今年は早いなぁと思っていたら「例年より1日早い初雪」と、朝のニュースが聞こえた。
そうか。早いわけでもなんでもなく、もう初雪が舞う季節なのだ。
12月に入り1週間。書類やメールで12月という文字を何度も目にしているというのに、わたしの中ではまだ、11月が終わらず居座っている。
今年中にやろう、年内にやっておこうと思っている様々なことがあるのに、時は容赦なく過ぎて行く。たぶんそれで自分の時間を止めていたのだ。11月という何とも中途半端な場所で。
雪はしんとも言わず教えてくれた。「今年もそろそろ、おしまいですよ」
何処までも雪は白いなぁと思いつつ修正した。
「今年中に」を消し「今期中に」春が来るまでにということで、ま、いっか。

と言いつつ、忘年会で「去年は」と今年のことを言ってしまいました。
何処までボケているのやら……

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe