はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[184]  [183]  [181]  [180]  [178]  [179]  [175]  [177]  [174]  [176]  [173

幸せ感じるなぁ、鍋

「今夜は鍋にしようか」「いいね!」
何かのCMのような会話頻度が上昇する季節だ。
「何鍋にする?」「やっぱり普通鍋かな」
普通鍋というのは、我が家では寄せ鍋のこと。いろいろ入れて、昆布の出汁と酒、薄口醤油、味醂で薄く味つけする。
「牡蠣だ!」買い物かごの中身を見て、海鮮好きな娘が嬉しそうな声を上げた。普通鍋の常連さんは鶏もも肉と牡蠣、銀鱈。これだけ入れば、薄味でも出汁の旨味で白菜や葱も美味しく食べられる。
そしてうどん。神戸出身の夫から教わった、この普通鍋。別名「うどんすき」という。神戸の義母の味だ。うどんを入れたり入れなかったりしているうちに、寄せ鍋と呼ぶには「うどんすき」のうどん抜きだし、なんか違うなぁということで、普通鍋という何とも普通じゃない呼び名が定着してしまった。
ちなみによく登場する鍋は「韓国風白菜鍋」「鳥たたき鍋」「チゲ鍋」「湯豆腐」「トンしゃぶ」かな。鍋のいいところは、野菜をたくさん食べられること。熱々の鍋で野菜をたっぷり食べ、からだの中から温まると、気持ちまでほかほかしてくる。幸せ感じるなぁ、鍋。
 
しかし日曜日。夫が鍋にもかかわらず遅刻した。近所の友人と町の温泉に行き、そのまま飲み始めてしまったのだ。不機嫌になったわたしをなだめるように、彼は炬燵に卓上コンロを用意し、具材を鍋に入れ味付けをした。わたしは怒っている振りを続け、王様のようにただ鍋を食べ、ビールを飲んだ。そして熱燗をつけ、ふたりぬる燗で呑んだ。幸せ感じるなぁ、炬燵で鍋。そうして延々と酒を酌み交わし、夜は更けていった。ちょっと呑み過ぎたかな。まあ、それもまた鍋だ。

白子も入れてみました。でも、食べる前に無くなっていました。
酔っぱらうと駆け引きに負けてしまいます。
ちゃんと食べてから、酔っぱらいましょう。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe