はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[827]  [826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [816]  [819]  [818

汗をかきかき熱いうどんをすする

リビングで仕事をしていたら、突然、身体が冷え切っていることに気づいた。
温度計を見ると、24℃。半袖でも、全く問題はないが、足が冷たくなっている。お昼は温かいものを食べようと、久しぶりにうどんを茹でた。
「庭の茗荷を入れたいし、生姜たっぷりうどんにして、温まろう」

冷蔵庫のなかをごそごそ探すと、半分使ったオクラと、しめじ、葱の切れ端が出てきた。卵もある。うどんは、6分茹でるだけの夏用の細麺が好きで、1年中常備している。蛋白質は卵のみだが、野菜たっぷり贅沢うどんの出来上がり。ひとりゆっくり食べて、汗をかきつつ、温まった。

まだ8月だというのに、昼間から、こんな風に感じること、あったっけ? と、考える。身体が冷えに対して敏感になっているのかな、と。
肩こり、腰痛、肌の荒れ。年齢を重ねていることは、否が応でも感じる毎日だが、冷房以外で、夏に身体が冷えやすくなったと感じるようになったのは、何年か前から。寒がりではあるが、冷え性という訳でもない。
変化しているのは、地球の方かも知れないが。

しかし、考え込むほどのことではない。温かいものが食べたくなったら食べればいい。そして身体のなかから、しっかり温まればいい。周囲や身体の変化に、あらがうほど、もう若くもないのだ。
身体のなかから、しっかり温まれば、夏の疲れも早くとれそうだ。8月に、汗をかきかき熱いうどんをすするのも、またよし、である。

オクラは、さっと火を通したくらいが好きです。卵はレアで。
茗荷は咲いていた花も一緒に飾って、いただきました。

夕飯は末娘のリクエストに応え、茶碗蒸しに。熱々美味しい ♪
夜は、いつにも増して、ゆったりお風呂につかりました。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe