はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [816]  [819]  [818]  [817

シャインマスカットと、ひと皮むけた父娘

頼んでいた葡萄が、届いた。夫が知人の葡萄農家さんに、毎年頼んでいるもので、両方の実家にも送っている。
山梨の良さを、少しだけお裾分けしたいという思いからの恒例行事だが、その味見として購入した我が家の分を食べるのが、また楽しみなのだ。

その名も『シャインマスカット』種なしで皮ごと食べられる品種だ。
実は硬くしまっていて、ガリッとかじる歯触りを楽しめるほど。程よい甘さと酸味は絶妙で、口に入れる度に、プロが創りだす味だよなぁと感嘆する。

その『シャインマスカット』の食べ方で、帰省中の末娘と夫が、もめた。
皮をむいて食べる娘に、夫は皮ごと食べる美味しさを味あわせたい。だが彼女は、一向に皮をむく手をとめようとはしないのだ。
「一回だけでいいから、食べてみなよ」と、夫が言えば、娘も負けていない。
「さっき、皮が残ってたとこ食べたら、むいた方が美味しいって判った」
「全く、頑固なんだから」「頑固は、そっちでしょう?」
そう言いながらも、何故か楽しそうなふたり。
夫は、久々に帰省し、以外にもよく食べる娘を見て、大いに喜んでいるのだ。もちろん、娘もそれを知っていて、楽しんでいる。
ぶつかっていた時代を超え、父として娘として、ようやくひと皮むけた感じかな、と微笑ましくふたりを見つめた。それをこんな風に感じられるのも、食卓で輝くシャインマスカットの成せる技かも、と。

そして「好きなように、食べればいいじゃん」と、わたしは皮ごと食べ、また、むいても食べてみた。どちらも、捨てがたい美味しさだった。

箱を開けてまず、美しさを目で味わいました。粒揃いで、綺麗な色~ ♪

洗って冷蔵庫に冷やしておくと、少しずつなくなっていきます。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe