はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[1290]  [1289]  [1288]  [1287]  [1286]  [1285]  [1284]  [1283]  [1282]  [1276]  [1275

大鍋料理な日々

上の娘と一緒に暮らすようになり、鍋やホットプレートを出す機会が増えた。この週末も、お好み焼きや豚好きをしたし、娘がカナダから帰ってきた翌日もチゲ鍋だった。やろうと言い出すのは、大抵お祭り好きの夫だ。

どちらかというと、干渉しあわない家族だと思う。男女の差では語れないことも多いが、わたしも娘も男っぽく、仲はいいとは思うが、べたべたした関係にはなりたくない方だ。友達の陰口話などに相槌を打つのを嫌い、学校で居心地の悪い思いをしたところも、たぶん似ている。
娘とふたりの夜は、それぞれ食事も別にし、リビングに居合わせたときにしゃべるくらいの間の取り方が自然となった。大鍋に煮た野菜スープや、フライパンいっぱいの八宝菜を作っておけば、勝手になくなっている。娘とて25歳にもなって、夕飯は食べるのか、何時に帰るのかとうるさく言われるよりも気が楽だろうし、わたしとて同じことだ。

それでも3人揃った夜に、共に食卓を囲むのは楽しい。ホットプレートでお好み焼きを焼くだけでも、盛り上がるし、酒も進む。
「カナダでも、くしゃみした人に bless youって言うの?」と、夫。
「言うよ。テスト中にくしゃみしたら、みんなに言われた」と、娘。
「テスト中に? しゃべっちゃいけないんじゃないの?」と、わたし。
「そうだけど、先生にも言われた。あと電車乗ってるときに知らない人にも」
「電車の中で? それで thank youって言うの?」
「テスト中も bless you. thank you.
 電車の中でも bless you. thank you.」
繰り返す娘に、夫とふたり笑った。
日本では、くしゃみをすると誰かが噂しているなどというが、海外では、くしゃみをした途端魂が抜け bless you または God bless you と言ってもらうと元に戻るという迷信があるらしい。

食べて飲んで笑いながらも、人と人との違いを思う。お国の違いで、くしゃみは噂だったり魂だったりするが、どこの国でも人は人。家族や友人との間の取り方は、ひとりひとり違うんだろうな。同じ日本の同じ家族のなかでも、それぞれなのだということが、食事を作っているだけで垣間見えるのだから。

豚バラ肉をあとからのせ、ひっくり返してカリカリに焼きます。
キャベツを、1㎝ 角の粗みじん切りにするのが美味しさの秘訣。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe