はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273

小説ドラマ化の恩恵

東野圭吾『新参者』(講談社)ドラマ化では、痛い目にあったわたしだが、小説ドラマ化の恩恵にも預かっている。
アイロンをかけつつ、ビールを空け、何気なくつけたテレビでドラマ『アルバイト探偵(アイ)/100万人の標的』がやっていた。大沢在昌との出会いである。それも、ドラマはもちろん面白かったのだが、わたしが2時間見ていたのは、椎名桔平だった。
「椎名桔平、かっこいい!」
ただただそうつぶやきながら、アイロンもかけずにビールを空け、ぼーっと2時間テレビを見つめていた。そして翌日本屋に走り『アルバイト探偵』シリーズの文庫全6巻を購入した。読んでいる時も、同じくつぶやいていた。
「冴木涼介、かっこいい!」
椎名桔平が演じた私立探偵だ。主人公はその息子、高校生の冴木隆(りゅう)なのだが。隆に言わせると涼介は「ずぼらで頼りがいゼロ、そのうえ女好きという、まったくの不良中年」だが、探偵としては超優秀で、隆は涼介の仕事、探偵をアルバイトで手伝っている訳だ。その不良中年に、すっかり参ってしまった。ページをめくりながらニヤニヤしていた自分が今も目に見える。
いや、もちろんストーリーにもわくわくさせられ通しだったのだが。

隆いわく、涼介の仕事を手伝ってしてきたことは、
爆弾を背中にしょわされる。殺し屋をおびきだす囮になる。
遠い異国のジャングルでワニの餌にされかかる。
完成途中のジェットコースターで拷問にかけられる。
撃たれる。刺される。殴られる、は数えきれない、などなど。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe