はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [251

刺し身の盛り付けに思う

久しぶりに、夫と日本酒を飲みに行った。
と言っても、わたしはビール党なので生ビールに、彼の飲む日本酒をひと口ふた口分けてもらう程度だ。日本酒の種類も豊富な新宿のその店は、魚が美味いからと夫が予約してくれた。カウンター席だったが、ちっとも狭苦しくなく落ち着いていて、スローペースで出してくれる料理に舌鼓を打ち、のんびりと飲み、しゃべった。
魚は本当に美味かった。そしてまた、下ろしたわさびが山盛りにのっているのも嬉しかった。外食すると自分で作るのとは違い、いつも発見がある。料理法や味だけではなく、皿の大きさや色、盛り付けの配置や量。料理を出すタイミングなど、ひとつひとつに驚きがあったりする。
黒い四角い皿にゆったりと盛られたカンパチと赤貝、そして外を向けて置かれた山型のわさび。その一品だけとっても、気持ちが解放されていくのがわかった。本当にのんびりとした気分で酒が飲めた。
料理は、気遣いひとつで変わっていく。わかっているつもりだったが、忘れていた。忘れていたことを気持ちよく思い出し、スズの酒燗器でゆっくりつけた熱燗をさらに美味しく飲んだ。

手前の一品は、クリームチーズに鰹の酒盗をのせたもの。絶品でした。
「これ、家でも作れそうだね」と夫。「美味しい酒盗があればね」とわたし。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe