はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153

佐渡の海と朱鷺が舞い降りる田んぼに思いを馳せて

縁あって毎年、佐渡の無農薬米を少しだけ買っている。
その新米を今、毎日楽しんでいる。山梨より稲刈り時期も遅くそれを半月ほど天日干しにするので、新米の時期がずれるのだ。作った人の顔が見えるお米を、それも新米を2度味わえる。最高に贅沢だ。
 
さて。佐渡と山梨の大きな違いと言えば?
海に囲まれた佐渡。海はなく大地の真ん中にある山梨。
そうなのだ。佐渡米と山梨の米には、正反対の環境が作用する面白さがある。
佐渡米には、海がない山梨にはない海の持つパワーが詰まっていて、噛みしめると旨味を深く感じるしっかりした米だ。
作っている「どじょっこ田んぼ」の津田さんご夫婦は、新宿のホームレス支援で知り合ったというふたりで、働く場のない人のために農業をと、自ら米作りをするところから始めた。「佐渡でしか作れない力が湧いてくるような美味しい米を」と無農薬と天日干しにこだわり、がんばっている。穏やかな中に秘めたパワーを限りなく持っているふたりだ。
 
津田さんご夫婦と、佐渡の海と、朱鷺が舞い降りる田んぼを思い浮かべる。
海の力。大地の力。太陽の力。水の力。そして、人の力。たった一粒の米の中にあふれている目に見えない捉えどころのないパワー。そしてそれを食べ、人の中には、また力が湧く。
つくづく不思議なことだよなぁと思いつつ、新米を噛みしめた。

娘は毎日自分でおにぎりを握って学校に行きます
わたしが左手を骨折してからずっと自分で握っています
母の手が治ったことに気づいないのかな? まさか
佐渡と山梨のお米パワーで風邪をひかずに受験の冬を乗り切ってほしいです

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe