はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[992]  [991]  [990]  [989]  [988]  [987]  [986]  [985]  [980]  [984]  [983

ご期待に沿えるよう

薪を運ぼうと庭に出て、驚いた。うっすらと積もった雪の上に、野鳥達の足跡が、あちらこちらについていたのだ。
一昨日。雪が舞うなか、夫は庭に向日葵の種を撒いていた。雪は午後にはやみ、カワラヒワやシジュウカラがやって来た。遠目に見ただけだからはっきりしないが、身体の大きいのはツグミだと思う。ヒヨドリもいた。
くっきりついた足跡を見ると、気温が下がった一昨日は雪もすぐに凍ったのだろうと想像してみる。小鳥の重さと足の体温で、すっと溶けるくらいは、やわらかかったのかも知れない。
「冷たいのに、歩き回って、向日葵の種を探したんだね」
期待して、飛んでくるのかと思うと、夫不在の昨日も撒かずにはいられなかった。すぐにヤマガラが来て、種をくわえて飛んでいった。

期待されると、その期待に応えようとするのが、自然な気持ちだ。
それが人と人となると、けっこうややこしくなってしまう。期待されそれに応え、また期待されそれに応えているうちに、期待する方は、応えてもらうことが当然のように思い始め、応える方は、その期待が重く感じられたりもする。
野鳥達は、いい。こちらの気持ちになど、おかまいなしだ。だから、いい。
「ご期待に沿えるよう、がんばります」
窓から、そっと鳥達を眺めつつ、つぶやいた。

アイビーも、凍っています。お日さまにあたって、嬉しそう。

こんなに足跡が、ありました。まっすぐには歩かないんですね。

陽当りのいい場所では、水仙が芽を出しています。
よく見ると、すごい数の向日葵の種の殻が。いい肥料になるかな。

昨日の一番乗りは、ヤマガラくんでした。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe