はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[1432]  [1434]  [1433]  [1431]  [1430]  [1429]  [1428]  [1427]  [1426]  [1425]  [1424

春の庭で

庭で、いろいろな花が咲き始めた。
花も可愛いが、咲いていく途中の姿がまた、可愛い。冬の間、こんなに可愛らしいものを隠していたんだなと、木の枝や土を眺め、感心する。そうして作り上げた蕾を、何日もかけて膨らませていき、ゆっくりゆっくり開いていく。

勝手に種が飛んできて芽を出したものや、いただいた苗などがほとんど。手のかからないツワモノばかりが生き残っているような庭だが、植物は律儀だ。
「約束通り、咲きましたよ」
そんなふうに、花を揺らしているかのように見える。
「冬の間も、約束、ずっと忘れていませんでしたよ」
春を夢見て、眠っていたのだろうか。
だからこそ、ゆっくりと時間をかけて咲くのだろう。

花の命は短くて、というが、それは人に例えた言葉。花は花の時間を、じっくりと生きているのだなあと庭に出て思うのだ。

収穫しそこねたふきのとう。苔に埋もれ花を咲かせました。

スミレも、あちこちに芽を出し花を咲かせています。

春蘭も、株が大きく育っていっぱい花をつけました。

雪柳は20株以上。夫が根気よく株を分けていった成果です。
満開になるのも楽しみだけど、一つ一つの蕾も可愛い。

芝桜は、白い雪柳の下で濃いピンクの花を咲かせています。

八重の水仙は遅咲きで、ようやく蕾を開きました。

ツルニチニチソウ。バッサリ切ったけれど強く咲いています。

プラムの花。少しずつ少しずつ、まさに咲いていく途中です。

何年か前にいただいた苗木の桜も、ちらほら花をつけています。

この春お初、お目にかかったけろじ。やさしい土色してるねえ。
野鳥達に捕まるなよ。綺麗な緑になるのを楽しみにしてるよ。

拍手

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe