はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[1261]  [1260]  [1258]  [1259]  [1256]  [1257]  [1255]  [1254]  [1253]  [1252]  [1251

もやしナムルフィーバー

主役になることはまずないが、脇役として活躍することはけっこう多い。
もやし、である。
朝食の目玉焼きに添えるランキングは、何と言っても、もやし炒めがトップだし、チャンプルー、チゲ鍋などでは、主役のよさをひきたててきちんとサポートしてくれる名脇役ぶり。ビタミンCや食物繊維、血圧を下げる効果があるというカリウムが豊富で、カロリーは低いという優れものだ。

最近、そのもやしを主役に置くことが増えた。ナムルだ。
これまで好んで作ることをしなかったナムルを、たびたび作るようになったのは、美味しいもやしナムルを食べたからに他ならない。
パリでランチした『餃子バー』で、お通しとして出てきたものだった。
全員日本人スタッフだったが、フランス人向けの味になっていたのか、胡麻油も効きすぎず、胡麻もかかっていなくて、シンプル美味いナムルだったのだ。
「再現するぞ!」
シンプルナムル味を思い出しつつ、まずはレシピを検索。胡麻油と塩と鶏がらスープの素のみのものが近そうだと作ってみた。白胡麻も常備してあるが、あえて使わない。胡麻油は癖のない太白の生搾りにする。
結果は、大成功。『餃子バー』のナムルは、我が家の味となったのだった。

その後ナムルにハマり、居酒屋で小松菜のナムルをオーダーしてみたり、にんにくをすり下ろしたものや唐辛子も入れた濃い味ナムルにも挑戦してみたりしている。もやしのいいところは、安価なところ。失敗しても痛手は小さい。
スーパーには山梨産のもやしが種類豊富に売られているし、もやしナムルフィーバーは、しばらく続きそうである。

上の娘が、全部食べていい? という勢いで食べていました(笑)
もやし一袋に、胡麻油大さじ1、塩とスープの素小さじ1/3くらい。

拍手

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe