はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々
[1551]  [1549]  [1548]  [1547]  [1546]  [1545]  [1544]  [1543]  [1542]  [1541]  [1540

夜市を歩く

楽しみにしていた夜市を歩いた。
台北最初の夜の夕飯は夜市でと決めていて、ちょっとずついろいろ食べようと計画していたのだ。そのためには、ビールをあまり飲まないという決意までして、まずは、いちばん大きな士林(シーリン)夜市を歩いた。

「蟹のから揚げ、迫力!」「店の看板の雰囲気がいいねえ」
「鉄板焼きも、天麩羅屋もある」「牡蠣オムレツ、いく?」
冷やかしつつ歩き、牡蠣オムレツをつついてビールを飲む。
「ねえ、あれ何?」ビールを飲み干した夫が、言った。
「みんな、あれ持ってる」夫の目は、釘づけになっている。
「ガイドブックにあった、顔の大きさのフライドチキンじゃない?」
さっそく店を探し、購入。かぶりつくと熱々ジューシー、スパイシー。
「独特のスパイス、効いてるよねえ」
ふたり交互に、かぶりついた。
「これは、食べ切れないわ」と、夫。
「全部食べたら、3日間寝込むね」と、わたし。
なんと、ここで満腹になってしまった。
「ちょっとずついろいろは、どうしたんだ」
「だって、いろいろ大きんだもん」
50代の夫婦が楽しむには、夜市の食べ物はずいぶんと大きく多く感じられた。そのうえ、ふたりとも残すのが苦手ときている。

夜市の梯子をして、雰囲気はじゅうぶん楽しんだけれど、いろいろは食べられないもんだなあと実感した。暑さにやられたのも、あったのかも知れない。
「せっかくグルメ夜市寧夏(ネイシャー)に来たんだから、食べるぞ」
「おう」
一通り歩き回り、夜も更けて餃子に挑戦したものの、台湾は、大人数で旅してシェアして楽しむのがベストだと初日にして判ったのだった。

台北で、いちばん大きな士林夜市。夕方から始まります。

風船割りや射的の店がいーっぱいありました。毎日が縁日です。

「美食」は地下街にあり、冷房が効いていました。
見慣れない料理が並んでいて、目移りします。

蟹をそのまま揚げてあるー。肉も海鮮も盛りだくさん。

「人気よ」と日本語でススメられた、肉巻きです。

ゴーヤを蜂蜜で味つけしたらしいジュース。挑戦する気には・・・。

人の顔の大きさだというフライドチキン。
美味しかったけど、5~6人でひとつでいいかも。

「大串焼」だそうです。焼き鳥? とにかく大きい。
大きさで目を魅くのも、商売上手ってことなのかな?

こちらは、食べ物の屋台が中心だという寧夏夜市。

人だかりになっていた餃子屋さんで、焼き餃子を食べました。
皮がもちもちで美味しかった。10個ワンセット売り。

もしかして人気なのは、台湾では鍋貼(焼き餃子)が珍しいの?

2日目に歩いた、黄色い提灯で昼間もやっている、台北近郊の
基隆廟口(ジーロンミャオコウ)夜市。

市の真ん中に寺院がありました。綺麗な建物でした。

超美味しかった台湾風ひもかわうどん。
うどんなのに箸がなく、丸まった平らな麺をレンゲで食べます。
入ってる魚団子もいいお味。シェアしたんだけどとりあいに(笑)

お兄ちゃん達、にこやかに屋台を切り盛りしていました。

地元の人も、のんびりと食事しているように見えました。
台湾では外食が安価なせいか、家で食事を作る習慣がないのだとか。
子育てもおじいちゃん、おばあちゃんがするのがスタンダードで、
お母さん = 主婦という概念がないのだとネットの記事で読みました。

拍手

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
HN:
水月さえ
性別:
女性
自己紹介:
本を読むのが好き。昼寝が好き。ドライブが好き。陶器屋や雑貨屋巡りが好き。アジアン雑貨ならなお好き。ビールはカールスバーグの生がいちばん好き。そして、スペインを旅して以来、スペイン大好き。何をするにも、のんびりゆっくりが、好き。
ご意見などのメールはこちらに midukisae☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
Template by repe